紙ハンガーの強度について

どうも!こんにちは!

CHU-PA(チュウパ)です。

 

今日は紙ハンガーの強度についてのお話をしたいと思います!

 

いや、だって……、紙ハンガーって紙でしょ……?って不安になる方、

いらっしゃると思うんですよ。

 

ですが紙ハンガーを甘くみてはいけません!

 

靴下などをかける小さなサイズから、アウターをかけれる大きいものまであるんです!!

 

そこでチュウパはちょっとした実験をおこないました。

 

プラスチックハンガーと紙ハンガー、それぞれに水が750mL入った容器を乗せて、

簡単ではありますが耐久テストをおこなったんです。

 

まずはこちら、何の変哲もないプラスチックハンガー。

 

 

こちらに、先ほど言った水が750mL入った容器を乗せると……。

 

 

ご覧の通り⭐︎

 

いい感じに耐えてくれているのが分かりますね。

 

薄いプラスチックのハンガーなのに、水の重さに耐えるために歪みながらも

容器を受け止めてくれています。

 

いや〜さすがプラスチック!

こんなことでは簡単に折れたりはしませんよ!!

 

そして次は、本題の紙ハンガー!

 

 

同じように水が750mL入った容器を乗せると……。

 

 

おおお……! こ、これは……!?

 

プラスチックであれだけ歪んでいたのに、今度はあまり歪むことなく容器を支えてくれています!

 

紙なのに!

 

……とまあ、紙でできていると言っても、侮れません!

今回使用している紙ハンガーはその名の通り、紙でできたハンガーです。

 

ですが普段目にするコピー用紙などのペラペラの紙ではなく、

厚めの紙を使用しており、強度がでる工夫をしているのです!

 

そういうわけで、紙ハンガーでもプラスチックくらいの強度があること、

おわかりいただけましたでしょうか!

 

普段使用しているプラスチックハンガーを紙ハンガーに変更することによって、

環境に優しく、地球環境への負担軽減に貢献できるんですよ。

 

環境配慮型資材へと切り替えをご検討中の企業様は、ぜひ一度チュウパへとご相談ください!

 

【お問い合わせ】

 

ちなみに本日11月30日は絵本の日らしく、紙ハンガーの厚みを想像できないな、という方は

ちょっと厚めの固い絵本を思い出してみてください。

 

物にもよりますが、絵本も合紙されているものがありますので

そちらでしたら想像しやすいかと思います^^

 

それでは、今回もブログをご覧いただきありがとうございました!

 

以上
CHU-PAでした。

 

マタネ(´∀`*)ノシ

 

 

 

 

 

 

CHU-PA フェイスブック バナー株式会社CHU-PA TOPページはこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。